THE PLAN PLASTIC SURGERY & AESTHETICS

ザ・プラン美容整形外科・皮膚科学術活動

2011 Diabetes Research and Clinical Practice

2012 Archives of Plastic Surgery

2013 Archives of Plastic Surgery(2013-04-24)

2013 Archives of Plastic Surgery(2017-07-17)

2016年乙支大学校医科大学院博士論文掲載

論文1  | 2011 Diabetes Research and Clinical Practice

2011-08-19/パク・ジュンヒョン院長 “2011Diabetes Research and Clinical Practice”研究、海外論文掲載

活動情報
ザ・プラン美容整形外科パクジュンヒョン院長

論文2 | 2012 Archives of Plastic Surgery

2012-01-15/パク・ジュンヒョン院長 “2012Archives of Plastic Surgery”研究、海外論文掲載

活動情報
ザ・プラン美容整形外科のパク・ジュンヒョン院長

論文3 | 2013 Archives of Plastic Surgery(2013-04-24)

2013-04-24/パク・ジュンヒョン院長“2013Archives of Plastic Surgery”研究、海外論文掲載

活動情報
ザ・プラン美容整形外科パク・ジュンヒョン院長
脂肪由来幹細胞の美白効果研究論文発表

最近多数施行されている脂肪由来の幹細胞治療の有用性の一つである美白効果の学術的背景を扱った(WritingEffectsofAdipose-Derived Stem Cells:A Preliminary InVivoStudy)を発表しました。 国際美容整形外科の学術誌“Aesthetic Plastic Surgery Journal”に論文が掲載されました。

論文4 | 2013 Archives of Plastic Surgery(2017-07-17)

2013-07-17/パク・ジュンヒョン院長“2013 ARCHIVES OF Plastic Surgery”研究、海外論文掲載

活動情報
ザ・プラン美容整形外科のパク・ジュンヒョン院長
研究論文発表
パク・ジュンヒョン院長は、顔面輪郭手術後の固定方法の一つである吸収性プレートの使用について、学術的基礎となる頬骨・象牙の骨折患者における超音波を利用した吸収性プレート固定に対する臨床的有用性に関する内容が2013大韓美容整形外科学会誌研究論文で発表されました。

 

論文5 | 2016年乙支大学校医科大学院博士論文掲載

2016-08/パク・ジュンヒョン院長 乙支大学校医科大学大学院博士論文掲載

活動情報
ザ・プラン美容整形外科パク・ジュンヒョン院長
PYGM遺伝子変異によるMcArdle(マッカ―ドル)病のエクソーム研究博士論文発表
パク・ジュンヒョン院長は、珍しい遺伝疾患の中の一つであるMcArdle(マッカ―ドル)病(糖原病Ⅴ型)を持った国内の小児患者全体の遺伝子の分析を通じて不治の病とされていた疾病の正確な診断および小児患者の予後予測に助力されました。また、疾病診断に必須的な遺伝子を特定し、以後臨床的活用の基本となるよう寄与されました。