ザ・プランVラインの顎先手術は1mmの小さな変化まで考慮して顔のイメージを変えていきます。

一般的に不恰好に見える顔のイメージを小さくて洗練されたイメージに変える手術は、頬骨縮小やエラ手術であり、顎先手術は極めて小さな変化だけで童顔効果、積極的で自信感あふれるイメージなど多様なイメージに変化させる事が出来ます。
ザ・プラン美容整形外科では、全体的な顔を分析して、患者が望むイメージと最もよく合うイメージを話し合いながら、手術計画を立てます。

ザ・プランVライン顎手術は、多様な手術方法で顔のバランスに合わせた手術を進行します。

しゃくれ顎 、非対称、短い顎、丸い顎、長い顎まで、顔の目鼻立ちとイメージなどを複合的に考慮、各症状に合う多様な手術方法を並行して行う事で、全体的な顔のラインを完成させます。

ザ・プランVラインの顎先手術方法

しゃくれ顎の場合

不正咬合はないが、顎先が過度に発達し、しゃくれ顎のように見える場合に効果的な手術法

プロテーゼを利用した顎先手術]

骨切りを望まない場合、プロテーゼやヒアルロン酸、自己脂肪移植などを通じてボリューム感を与える事で、顎の大きさを補完する手術法

ひどくない顎なしの場合

顎なしがそれ程ひどくない場合、顎先を骨切りして前方に押し出す形で、顎ができるように改善する手術法

顎先が非対称な場合

顎先の軸が傾いて、表情や口の形に非対称がある場合、ゆがんだ軸を正して、ゆがんだ表情まで直す手術法

前顎の幅が広い場合(T骨切り術)

前顎の骨をT字形に3つの骨片に分離し、真ん中の骨片を除去して、顎先の幅を縮小する手術法

顎の長さと幅の両方に改善が必要な場合

前顎の骨をT字形に分離し、長さと幅を同時に縮小する手術法

手術後の管理システム

VIP LOUNGE

VIPラウンジ

切開リフトを受けられる場合、4階に設けられた別途のVIP空間で待機して頂き、院長相談→室長相談→決済までワンストップサービスをお受けできます。

PERSONAL RECOVERY ROOM

専用回復室(1人部屋)

ザ・プラン美容整形外科・皮膚科はお客様のプライバシー維持のため、すべての回復室を専用室として運営しております。

整形手術後は個人差がありますが、出血、感染、炎症などの副作用が発生する恐れがありますので、
必ず手術の副作用などの手術に対する正確な情報を確認した上で、否定的な結果を招かないよう細心の注意が必要です。