ザ・プランの頬骨縮小手術は、骨の切除を最小化するという事をとても重要視しています。

骨の切除を通じて頬骨縮小効果がどのくらい見られるかは人によって差がありますが、これは切除量を増やしたとしても、周辺の骨の影響で目に見える効果には限界があるためです。また、過度な切除は、骨の弱化につながり、安定性が下がってしまいます。

ザ・プラン美容整形外科では、より安全に骨の切除を最小化して、頬骨を目立たせている周辺要素を改善させることで、縮小効果を極大化させます。

ザ・プランの頬骨縮小手術は頬骨を目立たせている全ての要素を改善します。

ザ・プランは骨に無理が行かないよう、安定性を守る事の出来る最小限の骨だけを切除、
骨の除去を通じた縮小効果はもちろん、頬骨を目立たせている過度な筋肉と厚い皮膚などを除去します。
また、窪んでいるこめかみや頬には脂肪移植をして、顔の全体的な輪郭線を滑らかに矯正するために安全でありながらもその効果は確実です。

ザ・プランの頬骨縮小手術方法

3D頬骨縮小手術

頬骨が45°部位と側面に大きく突出していると、男性的で大きな顔になります。
3D頬骨縮小手術は、45°頬骨と側面の頬骨を骨切りして内側に押し入れ、固定させる手術法です。

前方頬骨の縮小手術

頬骨が前面に突出すると頬骨の下に陰が生じ、強い印象を与えるようになります。
このような場合は突出された前方頬骨を切除します。

45°頬骨縮小手術

側面の頬骨は突出しておらず、45°頬骨部位が大きく突き出していて、顔が男性的で大きく見える場合に適しています。
手術は側面の頬骨の骨切りや耳の切開なしで、
口の中の切開のみで45°頬骨部位を骨切りし、
内側に押し入れます。この方法は頬骨を縮小させるのに制限があるため、手術前の正確な診断が必要です。

QUICK頬骨縮小手術

頬骨自体の大きさがあまり大きくなく、側面の頬骨が発達している場合に効果的な方法です。
頬骨の前側を部分的に骨切りし、頬骨宮裏の部位は完全骨切りをして、頬骨側面部を内側に押し入れる手術法です。

手術後の管理システム

VIP LOUNGE

VIPラウンジ

切開リフトを受けられる場合、4階に設けられた別途のVIP空間で待機して頂き、院長相談→室長相談→決済までワンストップサービスをお受けできます。

PERSONAL RECOVERY ROOM

専用回復室(1人部屋)

ザ・プラン美容整形外科・皮膚科はお客様のプライバシー維持のため、すべての回復室を専用室として運営しております。

整形手術後は個人差がありますが、出血、感染、炎症などの副作用が発生する恐れがありますので、
必ず手術の副作用などの手術に対する正確な情報を確認した上で、否定的な結果を招かないよう細心の注意が必要です。