ザ・プラン垂れた胸の矯正とは?

妊娠や出産、老化、急激な体重減少など様々な理由で、肌と胸の組織は弾性を失って下に垂れてしまうことになります。ザ・プラン垂れた胸の矯正手術は胸のボリューム感を補って、たるみがひどい場合、切開を通じて乳房の組織を上に上げて固定する方法で、胸の弾力とラインを矯正します。

ザ・プラン垂れた胸の矯正は

胸が垂れるようになった様々な身体的条件と胸の状態を分析して、手術前の診断から手術後の治療まで、
専門的な担当がケアし、垂れている胸を弾力のある美しい胸として蘇らせ、ボディラインを美しく変化させます。

胸のたるみの自己診断

ザ・プラン垂れた胸の手術方法

乳輪切開法(胸の矯正+胸の縮小)

乳輪の周囲を丸く切開して胸の組織を除去する手術方法

たるみの程度が少ない胸に適しており、乳頭を望む位置に移動することが可能です。 また、手術後授乳が可能であり、乳頭の感覚も保存され、他の手術法に比べて傷跡が少なく、回復が早いです。

垂直切開法(胸の矯正+胸の縮小)

乳輪を切開し、垂直に4~5cm程度を下方切開する手術方法

たるみの程度がひどい胸に適しており、矯正と同時に豊胸手術も可能です。
また、手術後授乳が可能で乳頭の感覚も保存でき、O字型切開法に比べて、傷跡が少なく、回復も早いです。

O字型切開法(胸の矯正+胸の縮小)

乳頭から胸の下のしわまでをO字型に切開する手術法

全世界的に最も多く使用する方法で、胸の大きさが非常に大きく、胸のたるみがとてもひどい場合や、皮膚の弾力がほとんど残っていない場合に適した手術法です。 手術結果を予測しやすい半面、切開部位が大きいために傷跡が残ります。

プロテーゼ挿入法(胸の矯正+胸の縮小)

プロテーゼを挿入して胸のサイズを大きく矯正する方法

胸のサイズが小さくて胸のたるみの程度がひどくない場合に適し、手術後、授乳が可能で、乳頭の感覚も保存されます。

胸のサイズが小さくて胸のたるみの程度がひどくない場合に適し、手術後、授乳が可能で、乳頭の感覚も保存されます。

この方法では普通、乳輪の切開方法や、胸下の線の切開法などで進行します。

糸リフティングを使用する矯正方法

手術後の管理システム

VIP LOUNGE

VIPラウンジ

切開リフトを受けられる場合、4階に設けられた別途のVIP空間で待機して頂き、院長相談→室長相談→決済までワンストップサービスをお受けできます。

PERSONAL RECOVERY ROOM

専用回復室(1人部屋)

ザ・プラン美容整形外科・皮膚科はお客様のプライバシー維持のため、すべての回復室を専用室として運営しております。

整形手術後は個人差がありますが、出血、感染、炎症などの副作用が発生する恐れがありますので、
必ず手術の副作用などの手術に対する正確な情報を確認した上で、否定的な結果を招かないよう細心の注意が必要です。